読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人のための中南米スペイン語

旅をしながら「私はこれで通じました」という表現を紹介して参ります。修正点あればご指摘頂ければ幸甚です。ちゃんと勉強しよう、ではなく、ちゃんと旅しよう、というスタンスですが、間違っていたらいけないので。

中華料理店

Chifa

チーファ

 

ペルーだけかなー、これは。

中国語の「吃飯」から来てます。

チーが食べる、ファンが食事。

中国からペルーへの移民が「チーファン!チーファン!」食べてけ食べてけ!って店先でお客さんを呼び込んだことから、中華料理店をチファとかチーファと呼ぶようになったそうです。

 

これ、旅人ならわかると思うけど超重要単語です。

 

確かにペルーやボリビアは食事が美味しいです。

(ボリビアは人によるかもだけど、私は慣れれば問題ありませんでした。ストリートフードが美味いよ。)

 

でもやっぱりずっと旅してると疲れてくる。

食べ慣れたものが欲しい。

和食は期待値が上がりすぎるし高価。田舎だとなかなか見つからない。

そこいくと中華なら多少は妥協できるしリーズナブルです。ペルーならどこでも見つかります。

 

ペルー以外ではコミーダ チーナとかで通じると思います。

 

現地の食べ物に疲れたら、自炊か中華で。

私は世界中で中華料理店に救われています。