読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人のための中南米スペイン語

旅をしながら「私はこれで通じました」という表現を紹介して参ります。修正点あればご指摘頂ければ幸甚です。ちゃんと勉強しよう、ではなく、ちゃんと旅しよう、というスタンスですが、間違っていたらいけないので。

食事付きですか(長距離バス)

¿Con comida?
コン コミーダ?

切符の値段を聞いて、その値段には食事も含まれるのかを確認する言葉です。
コミーダが食べ物という意味です。

付いている場合は車内で食べ物が配られます。チリ、アルゼンチン、ペルーの一部(多分リマ発着便)がこれでした。
飛行機の機内食みたいな感じで、食べ物の匂いは気になりません。
ただしアルゼンチンではコミーダと言ってもお菓子です。舐めとんけ。

付いていない場合はバスが途中のレストランに停車して、それぞれが何か注文して食べるという形になります。ペルー北部のリマ発着便ではないもの、コロンビアはこの形でした。

ボリビアも食事付きではないのですが、バスから降ろしてもくれません。食べ物を売る人が車内に乗り込んできます。ペルーのクスコからプーノまでの便でもそうでした。

車酔いしてもどしてしまうよりは空腹に耐えた方がマシだと思うのですが、売り子さんが乗り込んで来るタイプだと車内に匂いが充満するので辛いです。出来立てだからかな。
しかもみんな肉とか手づかみで食べるし、窓からゴミを捨てるし、すごいです。