読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅人のための中南米スペイン語

旅をしながら「私はこれで通じました」という表現を紹介して参ります。修正点あればご指摘頂ければ幸甚です。ちゃんと勉強しよう、ではなく、ちゃんと旅しよう、というスタンスですが、間違っていたらいけないので。

虫除け(日本から持参)

旅の持ち物
f:id:taoisme:20160610182306j:image
今、南米は冬ですが、ジャングルに行かれる方は必ず虫刺され対策をして下さいね。
まだ日本にいる方は日本で虫除けを買って持参しましょう。
部屋の中で二、三プッシュして薬を撒いて蚊を殺すタイプのは南米にはないと思います。あってもヒトまで殺しそうで不安です。笑
このタイプのを私が知ったのは、パラグアイでした。知り合った日本人が使っていて、ときどきあの、名前も言いたくない、黒い平べったい大きな虫も死んじゃうらしいです。

インドの蚊取り線香はヒトにまで影響すると、ペルーで話したイスラエル人が言ってました。

私は虫除けは持参しませんでしたが、日除けも兼ねて長袖長ズボン着用が多かったです。

欧米人はやたら露出度が高いですし、日除け・蚊除けの意識が無さすぎるので「なんで暑いのに長袖なの?」とか聞かれました。彼らとは頑丈さが違う日本人、つられてキャミ+短パンは非常に危険です。
スタンドバイミーコースでマチュピチュに行くなどの山歩きの際は特に、蚊除け・日除け・草花や岩肌に擦れての怪我防止のために長袖長ズボンで!(あと雨季はポンチョで雨避け必須です!)

さて、虫除けナシで既に日本を発っちゃった方はどうすれば?
明日、私が現地で購入したものをご紹介します。