旅人のための中南米スペイン語

旅をしながら「私はこれで通じました」という表現を紹介して参ります。修正点あればご指摘頂ければ幸甚です。ちゃんと勉強しよう、ではなく、ちゃんと旅しよう、というスタンスですが、間違っていたらいけないので。

じゃがいも

Papá 

パパ

 

これはおそらくすぐに覚えると思います。

特にペルーでよく聞きます。

後ろのパの方が強く発音されます。

 

じゃがいもと卵を茹でてポリ袋に入れて1ソルで売ってたりします。大きなじゃがいも二つとゆで卵は一つ。茹でただけのはずなのにスーパーうまーい!びっくりします。

ペルーには4,000種類のじゃがいもがあるそうですが、私には違いを見つけることはできませんでした。メークインと男爵っぽいのはわかったけど。インカのめざめは日本でも食べたことがないのでわかりません。笑

あー、それにしても美味しかったなー。

アジア人以外の外国人にモテるコツ

黒髪サラサラストレート。

これに尽きます。目が一重ならなお良し。

私はこれでフランス人にもアフリカ人にも南米人にもモテモテです。本人はパーマがあたらなくて悔しいのですが。ちなみに日本人には全くもてません。

やはり人間、自分にないものを求めるのですね。

ただしこのモテ具合は最初の一歩が向こうからすごい勢いでやってくるというところまでで、当然ジャパ専・アジ専の可能性も高いです。あとは語学力と人間力で優れた遺伝子を選り分けるのだよ。

健闘を祈る。

探す/検索する

Buscar

ブスカール

 

インターネット上で「検索」ボタンにもこれが書いてあります。

長距離バスのチケット買うときとか便利です。

ペルーではスペイン語サイトで買うと、当日中なら銀行で料金を支払うことができ、クレジットカード払いがなんとなく嫌なときは便利です。

同じ切符でも英語サイトだと銀行支払いは選択できません。

 

宿のスタッフとかに手伝ってもらうと良いですよ。

洗濯ネット

旅の持ち物です。

 

宿で少し話したオーストラリア人が祖国から持参してました。

私が持っていったものではありません。

良いなと思って現地で探しましたが見つかりませんでした。

 

洗濯ネットで荷物を小分けしたり、また、洗濯物をこれに入れて洗濯やさんに出せば、服の生地が痛まなくて済みます。

 

かさばらないしね。

便利だと思います。

キャプテン翼

Super campeones

スーペル カンペオネス

 

これも私は見てないけど、やはりサッカーの盛んな南米ですから人気があるようです。

翼くんとかみさきくんとかいう名前では伝わりにくいので、名前は変えられてます。

多分あのブラジル人のコーチ?かなんかはそのままかな。笑

聖闘士星矢

Los Caballero del Zodiaco

ロス カバジェロ デル ゾディアコ

 

日本のアニメはどの国でも大人気です。

南米ではなぜかちょいと古めのものが多いようです。今の大学生もドラゴンボールや聖闘士星矢の話をするのです。

ただし私個人としては聖闘士星矢見てなかったので、話の内容はわからないの。

歯ブラシ

旅の持ち物です。

 

歯ブラシは持参する必要はないです、最初の一本以外は。

南米の人も歯を磨くので、ちゃんと売ってます。

問題はそのサイズ。

人によってはオエッてなるのです、大人用を買うと。

だから子供用をお勧めします。

ペルーなら1ソルで買えました。(2015年)

 

(株)シケンのソラデーという歯ブラシがありまして、ちょっと荷物増えるけどこだわる人はこれもお勧めです。

ブラシ部分とハンドル部分が分かれていて、なんかハンドル部分に金属が埋め込まれていて、それに水が触れることでイオンがどうにかなって、歯がツルツルになるという代物です。

私は好きですが、替えのブラシ部分を持ち歩く必要があります。

 

靴を洗うのに使い古しをおいておくとよいので、一本は普通の歯ブラシも必要でしょう。

 

登山靴などに泥を付けたままにしていると傷みやすくなるので、古い歯ブラシでチョチョっと落とすと良いです。